ヴォックス・ムンディ・スクール認定

サーティフィケーション プログラム

 

ヨガ・オブ・ボイス サーティフィケートは、声についての基礎的な学びを網羅した洗練されたプログラムです。

 

このプログラムは、異文化の素晴らしい音楽と、治療的・芸術的・超越的な音の使い方が学べるように構成されています。

 

 

・世界中の音楽とその英知

・ボディ・マインド・スピリットの統合的アプローチ

・音の科学
・神聖な声の使い方—祈りとしてのチャンティング
・声による意識の変容— 

・チャンティング、即興の使い方とレパートリー
・声の持つ新たな可能性

 
ヴォックス・ムンディ・スクール認定のリトリート>

 

ヴォックス・ムンディ・スクール認定のプラクティショナー&ティーチャーになるには、

シルビアからの直接の指導と100時間のトレーニングが必要です。

 

日本でヨガ・オブ・ボイス サーティフィケートを目指すには、

毎年1回、シルビア来日時のリトリートにご参加いただくことで、

時間数のカウントになり、直接の指導が受けられます。

 

 

レベル1:声を探求する、ボキャブラリーと自由な声、即興による自由表現の体験です。


レベル2:プラクティショナーを目指す、チャンティング・レパートリー、レコーディング課題がでてきます。

 

レベル3ティーチャートレーニング、サウンドヒーリングのレベルのトレーニングが受けられます。

 

*レベル1~3までは、クラスは同じですが、レベルによって役割が変わります。昨年、一昨年とご参加の方も同じクラスです。

 

初めての方はヨガ・オブ・ボイスのサーティフィケートのためのトレーニングレベル1に相当します。

来年、再来年とレベル3までお受けいただくことで、ヨガ・オブ・ボイスとしてのグループを開催していただけるだけの内容を学んでいただけます。

 

*USA、南米、インドなど世界のワークショップの参加時間も加算されますので、

早くとりたい方は、ご相談ください。

 

日本のプラクティショナー&ティーチャーの情報はこちらからご覧下さい。 


研究領域と体験

ヨガ・オブ・ボイスのサーテフィケートは、ただ所定のカリキュラムを消化することだけでは得ることができません。

 

一人一人にできることは違います。得意とすること、興味を持つところも違います。

 

それぞれに自分の中にある可能性に気づき、それらを伸ばしていくことで、他者に貢献できるようになります。

 

あなた自身の可能性を見出すことで、サーティフィケートの道が開かれます。

 

 

これまで、サウンドヒーリングのみならず、

音楽の持つ可能性を広く研究してきたシルビアだからこそ

このようなサーティフィケートの出し方が可能になります。

 

 

・シャーマン的体験における声の使い方
・即興音楽における声の使い方
・シャーマン的、瞑想的、表現的特質としての声を知る
・発声と声のやりとりによる脳の記憶力への効果
・声と自由な曲作り
・声に関する障害へのケア
・サウンド・ヒーリングにおける声の使い方
・緊張軽減と声
・チャンティング・レパートリーを作る

etc